DSC00694.JPG
カナディアンワールドについて

カナディアンワールドは、「赤毛のアン」の世界を再現した民営の公園です。

「赤毛のアン」は、カナダの女流作家ルーシー・モンゴメリ(1874~1942)によって、1908年に発表されました。好奇心旺盛で、果てしなく広がる想像力をもった赤毛の少女、アン。自然豊かなアヴォンリー村で、生涯の友 ダイアナと出会います。そして、豊かすぎる感性ゆえに、びっくりするような騒動を次々と起こしていきます。早口で、おしゃべりが止まらない空想好きな少女が、機微に溢れた素敵な大人の女性に成長していく様が描かれた本作品は、心を打つ名作として、いまなお世界中の人々に愛され続けています。

カナディアンワールドでは、グリーンゲイブルズ(アンの家)、教会、「腹心の友」であるダイアナの家など、小説に登場する建物を再現しています。自然あふれるカナディアンワールドで、是非、アンの世界を感じ、ゆったりとした時間をお過ごしください。多くの皆様のご来園をお待ちしています。

グリーンゲイブルズ
アンの部屋
13923454_1748093958763057_8030671297366570697_o.jpg
DSC03694_edited.jpg

カナディアンワールドがある芦別市はカナダのシャーロットタウン市と姉妹都市を結んでいます。カナディアンにあるグリーンゲイブルズはカナダのプリンスエドワード島にあるグリーンゲイブルズと同じ設計図で建築されており、プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズが焼失した際には、カナディアンの設計図を貸出しして再建築されました。場所が違っても、赤毛のアンの世界を大切に守っているプリンスエドワード島とカナディアンワールドのグリーンゲイブルズは、とても縁(ゆかり)が深いのです。美しい風景が広がるプリンスエドワード島からの現地レポートはコチラをご覧ください。

matthew_1_edited.png